医療機関で受けられる医療脱毛は脱毛サロンの光脱毛に比べ、痛みが強く料金も高いので、 脱毛サロンを選ぶ女性が多かったです。しかし、最近では医療脱毛を選ぶ女性も増えてきています。 医療脱毛でも痛みを感じにくい機器が増えてきたり、 以前に比べ料金も安くなってきています。

医療レーザー脱毛は脱毛サロンの光脱毛より、少ない回数で脱毛が完了するというのが一番のメリットと言えます。 その反面デメリットもあります。以下で医療脱毛と光脱毛を比較していますので、 あなたの場合はどっちが向いているか?の参考にしてみてください。

5回から6回ぐらいで脱毛完了するのが一般的。 少ない回数・短い期間でOKなので、 仕事などで忙しい女性には医療脱毛が良いでしょう。
10回から多い人で20回ぐらい通わないと完了しない事も。 個人差があり、また部位によっても回数は変わってきます。
医療脱毛は脱毛効果がとても高いです。 永久的な脱毛の効果を早く望むのであれば医療脱毛を選びましょう。
脱毛サロンの光脱毛は出力が低いのでなかなか効果が出づらく、 何度も施術を受けなければなりません。
サロンの光脱毛に比べ出力が高いので痛みを感やすいです。 ただ最近では、痛みを感じにくい機器の採用、 笑気ガス・麻酔など、痛みを抑える工夫がされています。
脱毛サロンの光脱毛は出力が低いので少しチクっとする程度でほとんど傷みは感じません。 VIO脱毛(デリケートゾーン)では強い痛みを感じることもあります。
医療脱毛でも1,000円程度のワキ脱毛プランのあるクリニックもあります。 どこのクリニックもワキのみの脱毛の場合はリーズナブルに出来るところが多いです。
数百円でワキ脱毛の通い放題キャンペーンを展開していたりします。 どこの脱毛サロンも、ワキ脱毛は安く提供しています。
だいたい28万円から40万円ぐらい必要です。 VIOや顔を除くコースだともう少し安いです。
12万円から30万円ぐらいかかります。医療脱毛に比べて安いのですが、 なかなか効果が出にくく、追加料金を支払わなければならなくなってしまうこともあります。
医療的な処置を行える医師や看護師によって施術をするので、 もし何らかのトラブルが起こった場合でも 迅速に適切な対応をしてもらう事が出来ます。
エステティシャンによる照射のため、 トラブルが起きてしまった場合他の医療機関にかかることになり、迅速な処置は難しいです。 病院と提携している脱毛エステもあります。
痛みや料金の高さには我慢でき、とにかく脱毛を早く終わらせたい、 永久脱毛に近い効果を出したい、という方には脱毛クリニックの医療脱毛がオススメ♪
脱毛を完了させるのに時間がかかっても良いから、とにかく安く脱毛を済ませたい、 痛みが怖い、という方には脱毛サロンの光脱毛がオススメ♪

1位 湘南美容外科クリニック … 両ワキ脱毛が1,000円!?
湘南美容外科

80万症例もの実績あるクリニック

SBC根こそぎレーザー脱毛が人気の、テレビCMでもおなじみの全国に30院以上ある医療脱毛のクリニックです。

脱毛クリニックにしか出来ない、高い効果が期待できる医療レーザー脱毛を受ける事が出来ます。

脱毛効果に自信があるため、安心の返金保証制度があります。 納得が出来ない場合は残りの回数分の脱毛料金を返金してもらえます。

 


2位 アリシアクリニック … 全身の医療脱毛が初月0円!
アリシアクリニック

月額製の医療レーザー脱毛のプランがあり、お金の負担が少ない!

全身脱毛5回(VIO除く)と全顔1回orVIO1回のコースが初月0円! まずはこれで医療レーザー脱毛の効果を試してみるのもアリかも♪ カウンセリングは無料なのでまずは気軽に相談してみましょう!

痛みが怖いなあ、と思っている人も大丈夫。アリシアクリニックでは、 肌への負担が少なく、痛みを感じにくいライトシェアデュエットという機器を採用。

 


3位 ドクター松井クリニック … 施術時間が従来の1/3!?
ドクター松井クリニック

ライトシェアデュエットで痛みを大幅に緩和。

ルミナス社が製造している最新脱毛機器「ライトシェアデュエット」は 従来のレーザー脱毛器に比べ痛みがかなりなくなっただけでなく、 施術時間も3分の1に短縮出来るようになりました。 回転率が良くなったため、とても予約が取りやすいです。

返金保証制度もあるので、安心して受ける事ができます。 新宿駅徒歩5分の新宿マルイ前に新装移転オープンし、アクセスも良好。

 



番外編 トリア … 家庭用レーザー脱毛器
トリア

自宅でレーザー脱毛ができちゃう?

医療レーザー脱毛といえば、医療機関でしか出来ないのが普通なのですが、 家庭でもレーザー脱毛器トリアを購入すればすることができるのです。

安全性は大丈夫なの…?と思いますが、アメリカのFDAに認められている脱毛器なので安心して使用できます。 30日間の返金保証と、2年間の品質保証も付いています。

>>家庭用のレーザー脱毛器「トリア(TRIA)」の口コミページはこちら<<

 




医療レーザー脱毛ってそもそも何?


医療レーザー脱毛とは、黒色(メラニン色素)に反応するレーザーの特質を利用した脱毛方法です。 医療機関でしか行うことは出来ず、美容外科や皮膚科で施術が行われています。
レーザーというものは単一波長(1つの波長を集めた光線)で、特定の色に吸収される性質があります。 医療のために使われるだけでなく、化学、情報、工業、軍事などの幅広い分野で役立っています。 分かりやすく言うと、身近な家電。DVDやCDを機会で読み込んだり書き込んだりする際にレーザーが使われています。 また、コンビニやスーパーなどでバーコードをスキャンするためにもレーザーが使われています。

レーザーには波長があり、約400nmから約700nmの波長帯は目で見る事が出来る可視光線レーザーです。 それよりも波長が長い780nmは熱作用の大きい光の為、熱線とも呼ばれる赤外線レーザーです。 波長が短い10nmから400nmは化学的作用が大きいため化学線とも呼ばれる紫外線レーザーです。 最も波長が小さいのがX線レーザーなのです。

様々な波長があるレーザーですが、医療脱毛において使われるのは メラニンへの吸収の効率が良い700nmから1000nmの波長です。 レーザーの波長が長いことで皮膚の深部に届く上毛根を加熱する時間が短く、ヤケドもしにくいんです。




医療レーザー脱毛と永久脱毛について


医療レーザー脱毛は、1996年、ハーバード大学の皮膚科グループが、 医療用に使われていたレーザーを使用し、 黒い色素(メラニン)にだけ働く特殊なレーザーをムダ毛の毛根部に当てる事で 皮膚へのダメージはなく、毛根を燃やし、毛母細胞を破壊する事によって永久脱毛できるという 脱毛理論を発表した事にはじまりました。

ですからまだ永久脱毛の歴史というものはかなり浅いものなのです。 医学的に最終照射から6ヶ月経過した時点で発毛が認められなければ永久脱毛と定義されています。

たまにエステサロンで永久脱毛できます!と脱毛しているところがありますが、 永久脱毛は法律によって定められた”医療行為”であり。医療機関以外で行うことは法律違反なのです。 なぜならもしトラブルが起きてしまった場合でも、医療機関であれば医師による適切な処置が迅速に受けられるからです。 厚生労働省からも医療機関のみに限定する通知が出されています。


医療レーザー脱毛の仕組みについて


レーザー光には
・光が拡散せず、一定方向に直線で進む
・波長で構成されていて、一定している
・波長をコントロールする事で特定の色だけに反応させることができる
・特定の色に反応するとエネルギーがその部分に蓄積され、一定の時間が立つと熱を放出する
という特徴があります。この特徴を利用して、黒い色素(メラニン)にのみ反応するような波長に調節して、 毛が発生するもととなる毛乳頭を熱破壊するというのがレーザー脱毛の仕組みです。

毛穴がある部分に照射すると、レーザーの光はその黒色に吸収されます。 毛を伝導体とし、毛包やその周囲にも熱を広げていき、毛母細胞を破壊するのです。 暫く経つと毛は抜け落ちて遂に生えなくなります。これがメカニズムです。

ただ、肌の表皮にもメラニンに対して大丈夫なのか、と疑問を持たれる方もいるでしょう。 それについては心配する事は無く、メラニンと言っても肌の色には反応せず、通り抜けていきますから、 肌にダメージを与える事はありません。 (ただ、日焼けしていたり色黒だったりすると反応する恐れがありますから少し危ないです)

医療レーザー脱毛が開発された当時、産毛や男性のヒゲなどといった、 集中して毛が生えている部分には不向きであると言われていました。 少しずつ改良が重ねられ、今では医療レーザー脱毛で男性のヒゲを脱毛するのなんて ご存知の通り当たり前の事になりました。

レーザー脱毛に使われる波長は約700nmから1000nmです。使う機器などによって異なりますが、 数値は常に一定に設定されています。 一方、エステサロンなどで使われている光脱毛の波長は、 約480nmから1200nmで、幅が広いです。 様々な波長の光の中で、メラニンに反応する光を特殊なフィルターを通して照射します。

そもそも波長とは、一定の波の周期にした時に、ある位置からそこに戻るまでの長さの事で、 波長が長いとエネルギーが弱く、波長が短いとエネルギーが強いのです。 波長が長いと皮膚の奥まで届き、短いとメラニンに反応しやすいです。

ただ、波長が短すぎると表皮のメラニンに反応・吸収されてしまうために火傷しやすくなってしまいます。 また、長すぎると深部にまで達するものの、黒い色素への反応がゆるくなってしまいます。
ですから、ほどほどの長さがよく、毛根のメラニンにほどよく届く700nmから800nmが一番適しています。



医療レーザー脱毛の種類について


医療レーザー脱毛は、安全性も有効性も最も高い脱毛です。

レーザーの種類は様々ですが、脱毛に使えるレーザーは ダイオードレーザー、YAGレーザー、アレキサンドライトレーザー、ルビーレーザーの4種類です。 最新のレーザー脱毛である、「ダイオードレーザー」は日本人のような黄色人種の肌や毛質に最適だと言われています。 ダイオードレーザーの一番の特徴はレーザーの波長(パルス)を自由に調節出来るということで、 毛の太さや肌の色、痛みの程度によって細かく設定する事が出来ます。 波長と出力を上手く使い分ける事で、産毛のような細い毛から、男性のヒゲのような太い毛まで、 あらゆる毛に対応出来るようになったのです。 波長は810nmぐらいで、毛根の深さまで光が到達します。 照射面は長方形で、照射漏れを起こすことも少ないです。 従来の脱毛器よりも照射面積が大きくなった事で、照射時間が短くなりました。

アレキサンドライトレーザーも日本人の肌と毛質との相性が良く、 日本で一番使われています。

アレキサンドライト(金縁石)という鉱物を使った医療レーザーです。 波長は755nmで毛根よりはやや浅い、真皮にまで届きます。 ハンドピースが軽く扱いやすいため、施術しやすいです。 効果は高いのですが、照射面の形が円形の為、重複照射してしまうこともあります。 また、黄色人種は表皮に多くのメラニンを含んでいますが、 アレキサンドライトレーザーは肌のメラニンには吸収されにくく、ヤケドも少ないです。

ルビーレーザーは世界初のレーザー脱毛器です。 レーザー脱毛器の中で最も波長が短い694nmです。 メラニンに吸収しやすく、表皮までにしか光はとどきません。 白色人種など、肌の色素の薄い人には適しています。 照射面は六角形です。 ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーに比べると脱毛の効果は若干低いです。

YAGレーザーはレーザー脱毛器の中で最も波長が長く、1064nmあります。 皮下脂肪の上辺りにまで届き、表皮にはほとんど影響がないので、 日焼けした肌や色素沈着がある肌にも対応することが出来ます。 照射面は円形なので、打ちもらしや重複照射が少し多くなります。 皮膚の色が濃い乳輪や陰部でも安全に脱毛する事が出来ます。

日本のクリニックでよく使われる医療レーザー脱毛器


日本の多くのクリニックで使われているレーザー脱毛器は ルミナス社のLight Sheer DUET(ライトシェアデュエット)と、 キャンデラ社のGentleLASEです。

ダイオードレーザー脱毛機 ルミナス社 Light Sheer DUET(ライトシェアデュエット)
アリシアクリニックなどが導入しています。
【特長】
・皮膚を吸収し、毛根までの照射距離を縮める事で出力を弱くする事が出来、痛みが軽減されます。

アレキサンドライトレーザー脱毛機 キャンデラ社 GentleLASE
【特長】
・毛根部にダイレクトに照射されるので、産毛のような細い毛でもしっかり脱毛することが可能 ・レーザーと一緒に冷却ガスを発射する事で、皮膚を冷却する ・脱毛後の毛穴はキュッと締まっていて、スベスベ肌になる

安全に脱毛するためにには、皮膚の色や色素沈着、毛の太さなどなど、 考慮してから慎重にレーザー脱毛器を選ぶ必要があります。

↑ 《最新版》医療レーザー脱毛ランキングへ戻る ↑


医療レーザー脱毛のお役立ちHP

日本医学脱毛協会
日本臨床医療レーザー協会/永久脱毛(医療レーザー脱毛)

更新情報

2015年3月6日 TOPページ更新。

スワップポイント